ポケットwifi 制限なし

auやワイモバイルなど制限なしのポケットwifiで比較をしています。

ポケットwifi 制限なし

 

BroadWiMAX

ポケットwifi 制限なしでauは?

ポケットwifiで制限なしを契約したい!

制限があってはいちいちYoutubeの動画やのオンラインゲームをするときに通信制限が気になって集中できないので、なしですよね(^^;)

事実某モバイルルーターのプロバイダの調査によると、ギガ放題(無制限)を契約する契約者数は全体の90%以上だそうです。

 

でも実はauショップに行っても完全に「制限なし」のポケットwifiは存在しないんです。

auだけではなく、ヤマダ電機やワイモバイル、Biglobeやsonet、ドコモなど各プロバイダがいわゆる無制限(ギガ放題)プランを出していますが、速度制限はどこにも存在しています。

実際管理人はwimaxを5年ほど使っています。

管理人愛用のW04という機種です↑

 

その間に4、5回速度制限に引っかかったことがあります。

au(KDDI)はwimaxを管理しているUQの親会社になり管理人も過去にauのワイマックスを使っていました。

ですがauも同じでどこの会社で契約してもポケットwifiは3日間で10GB以上使うと1Mbpsに速度を制限されます。

 

そのため完全に「制限なし」のポケットwifiは現状存在しないんですね(-_-;)

ポケットwifiは「実質」制限なし?

ただ3日間で10GBとは1日あたり3GBの消費となり、これは高画質の動画を4時間ほど見ないと消費されません。

会社で働いている方や大学などで勉強をしている学生さんが、一日に4時間も動画を見る時間があるかというと、ちょっと難しいかもしれません(;^ω^)

また万が一10GB消費しきっても、その日の翌日の夜6時から翌々日の朝2時までで制限は解かれます。

 

そもそも速度制限にかかるには膨大な動画を見なくてはなりませんし、万が一かかっても8時間で解除されるんですね。

これは制限なしといえるのでは・・・と思います(^^;)

 

そのため実質「制限なし」として各社プロモを打っているのだと思います。

auの制限なしポケットwifiはお得ではない?

auの制限なし(ギガ放題)のポケットwifiはお得ではないんですね(;^ω^)

ギガ放題の月額は約4,380円(税抜き)になります。

一方で管理人が使っているwimaxは月額3,411円(税抜き)ですが、これはプロバイダが頑張って月額料金を下げる努力をしてくれているからです。

 

プロバイダとは、wimaxの管理会社であるUQからであるwimaxの電波を借りて私たちに販売している中間の会社で、20社以上あります。

彼らは独自のキャッシュバックキャンペーンなどを打ったりして、月額料金を下げる努力をしてくれています。

 

一方でau(KDDI)はUQの親会社ですがauもUQもキャンペーンを頑張らなくても、プロバイダーが自社の費用でキャンペーンを打って顧客との契約を獲得してきてくれます。

そのためギガ放題が4,380円と高額になってしまっています。

 

auショップにふらっと行くと「WiMAX便利ですよ♪」と言われてついつい契約しそうになりますが、もっとお安いプロバイダがあるのでスルーしてくださいね(;^ω^)

 

管理人が使っているプロバイダーはBroadwimax(ブロードワイマックス)という会社で、月額料金が3,411円と業界最安値を維持しています。

ただし唯一のデメリットとして、最初に不要な2つの強制オプションに入らされてそれらが月額合計で1200円程度になります。

これらは契約後すぐに「オプションの解約をご検討のお客様」を見ながら解除をしてください。

解除すべき強制オプションたち

・端末安心サポート(月額:300円)

・My Broadサポート(月額:907円)

 

そうすれば制限なしのワイマックス月額料金が3,411円(税抜き)ととってもお得になります^^

▼Broadwimax公式サイトはこちら▼
BroadWiMAX
 

ポケットwifi 制限なしで比較は?

ポケットwifi制限なしで比較をしてみると面白いことがわかります。

今のところ「制限なし」を実施している回線は2つだけなんです。

・wimax(UQ+20社以上のプロバイダ)※最新はwimax2プラスと言います。

・ポケットwifi(Y!mobileやドコモ等)

どちらも3日間で10GBまでであれば制限なしです。

 

ちなみに・・・実は「ポケットwifi」という言葉はワイモバイルの商標なんです(;^ω^)

この記事では便宜上ポケットwifi=モバイルルーターとして扱っていますが、実際はワイモバイルの商品のことをポケットwifiといいます。

上:ポケットwifi 下:wimax

 

ではwimaxとpocket wifiを比較してみると何が違うのでしょうか。

簡単に言いますと扱っている電波が異なっています。

wimax系はwimax回線ですが、ポケットwifiはlte回線を使っています。

以下に重要なポイントの比較をまとめます

wimax ポケットwifi(lte回線)
速度 高速(最大440Mbps) 中速(最大261Mbps)
障害物への強さ 弱い 強い

 

wimax回線は圧倒的に速度が速いです。

管理人も使っていますが、動画やオンラインゲームでもサクサク動きます。

またインターネットが混雑する夜間でもwimaxであれば問題なく動画を高画質で視聴可能です。

 

ただし高周波の電波なので障害物にぶつかると反射してしまう性質があります。

そのため障害物に弱く、壁の多い部屋や地下街などでは繋がりにくいです。

 

一方でポケットwifiは速度がwimaxよりも劣ります。

平日の昼間のネット利用であれば問題なくサクサク動きますが、夜になって混雑するとやはりwimaxのほうが数段快適です。

ただ障害物にはめっぽう強いです。

ドコモやsoftbankなどのキャリアスマホと同じLTE回線なので、日本全国どこにいてもつながりますし、地下街でも比較的容易に繋がります。

制限なしのポケットwifiとwimaxどっちがいいの?

管理人はどちらも使ったことがありますが、おすすめはやはりwimaxだと思います。

というのもやはり電波の馬力がポケットwifiとは異なっており、動画などを高画質で見ても本当にスムーズに見れるからです。

ネットが混雑している時間に動画が固まると・・・とてもストレスです(;'∀')

また管理人は地下でネットを使うことがほとんどありませんのでWiMAXを使うようにしています。

 

ちなみに管理人が使っているBroadwimaxというプロバイダーだと月額料金が3,411円と業界最安値でwimaxを使えるのでおすすめです☆

▼Broadwimax公式サイトはこちら▼
BroadWiMAX
 

一方で地上でも高いビルに囲まれている家や地下街でネットを頻繁に使う方にはポケットwifiをおすすめします。

やはりWiMAXとは比較にならないぐらい繋がりやすいですし、地下街でもインターネットをつないで作業が可能です。

▼ドコモlte回線のポケットwifi公式サイトはこちら▼
ネクストモバイル
 

ご注意!

大切なポイントになりますが、都市部にお住まいの方はwimaxもlte回線もつながりますが、地方の方は一度公式サイトで電波のエリアの範囲内かを確認してくださいね。

WiMAX→サービスエリアマップ

ポケットwifi 制限なしでソフトバンクは?

 

ポケットwifiの制限なしをお探しの場合、ソフトバンクショップにいってもないんですね(;'∀')

ソフトバンクの系列会社であるワイモバイルであれば先ほどご説明しましたように制限なしのポケットwifiがあります。

でもソフトバンク自体で扱っている無線モバイルルーターには制限なしがありません。

 

ちょっとややこしいのですが、ソフトバンクの電波を使った制限なしのポケットwifiはオンラインでY!mobileから申し込みが可能です。

ショップに行かないでネットで制限なしを検索してみてくださいね。

ポケットwifi 制限なしのまとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事ではポケットwifi 制限なしについて以下のポイントをお話ししました。

1 ポケットwifi 制限なしでauは?

-ポケットwifiは「実質」制限なし?
-auの制限なしポケットwifiはお得ではない?

2 ポケットwifi 制限なしで比較は?

-制限なしのポケットwifiとwimaxどっちがいいの?

3 ポケットwifi 制限なしでソフトバンクは?
4 ポケットwifi 制限なしのまとめ

この記事が制限なしのポケットwifiをお探しの方にとって、少しでもお役に立てたなら幸いです^^

現状制限なしのポケットwifiは実は存在はせず、「実質制限なし」のサービスを探さざるを得ません。

その中でも実体験に基づいて制限なしのポケットwifiで便利なものを紹介させていただきました。

 

今後も制限なしポケットwifiで追加情報ありましたらご紹介しますので、よろしくお願いします。

ハナユメウエディングデスク

新聞でも絶賛の子供成長サプリ【カラダアルファ(α)】

外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

公開日:
最終更新日:2018/02/07